こんばんは。
営業兼CEのキムでございます。

 

先月の秋分の日を過ぎてから
日が暮れる時間が早くなり、
夜の時間が長くなりました。

そんな秋の夜長は読書が最適とも言われますが、
私は昔から「西村京太郎」さんの小説をよく読みます。

西村京太郎さんと言えば、
「十津川警部」シリーズでおなじみの
トラベルミステリー小説分野の第一人者です。
時刻表を巧みに使ったトリックは、
正に「目から鱗が落ちる」と言えます。

現在も最新刊が出ているとのことですので、
機会があれば読んでみたいものです。

 

それでは今週もおつかれさまでした!
良い週末を・・・。