こんばんは。
営業兼CEのキムでございます。
二夜連続の登場でございます(^-^)

連日FIFAワールドカップの熱戦が続いてますね~。
昨日はメッシ選手率いるアルゼンチンがよもやの
大敗を喫するなど予想を超える事態も起きてますね(゜д゜;)

 

さて話は変わりますが、
背番号15」と聞いてどなたを思い浮かべますでしょうか?
私を含め広島県民は「黒田博樹」投手を思い浮かべることでしょう。
ですがここでは「藤井将雄」投手を覚えていただきたくご紹介します。


福岡ドーム15番通路は現在「藤井ゲート」として設定されています。
なぜここまでの計らいをされているかと言いますと・・・、


藤井投手は背番号15を付け、
1999年に中継ぎのエースとして福岡ダイエーホークス初のリーグ優勝
そして日本一に貢献しました。
しかしシーズン後に末期の肺がんが発覚、余命3ヶ月の宣告を受けました。
それでも懸命な闘病生活を送って2000年10月にリーグ連覇を見届けた後、
31歳の若さで亡くなられました・・・。
そんな藤井投手の功績と人柄を偲んで「藤井ゲート」が設けられたとのことです。


そしてこちらは藤井投手のブログに残された生涯最期の記事の全文です。
末期がんに冒されながらも最期まで現場復帰しようとした強い意志、
そして周囲に対する感謝の気持ち、
この文章を読むと心が熱くなります・・・。

 

 

 

話は戻りこの日曜深夜は
日本代表の2戦目対セネガル戦ですね!
初戦のコロンビア戦で勝利した勢いで連勝を目指していただきましょう!
今週もおつかれさまでした!!