お久しぶりです。
営業兼SEのキムでございます。
ここのところネットワーク工事の業務があり、
なかなか登場することができませんでした・・・(^^;

今日は台風3号が瀬戸内海を直撃しましたが、
東広島は風よりも雨がそこそこ強く降ったくらいで
大きな被害は無かったのが幸いでした。
ただ梅雨末期は大雨になりやすいので、
皆様も雨による災害には気をつけてください。

 

さて5月にHさんが呉での映画ロケの話を紹介していましたが、
その映画の原作本を見つけました。それは・・・、
柚木裕子さんの「弧狼の血」です!

あらすじですが、
——————————————————————————
時は昭和63年、
所轄警察署の暴力団係に配属された新米刑事・日岡は
ベテラン刑事・大上(おおがみ)と共にコンビを組むことになった。

傍若無人な大上は暴力団との癒着が噂されており、
警察上層部の弱みを握っているとの話もある。
違法行為を繰り返しながら捜査を進める大上を見て日岡は戸惑う。

そんな時、少数精鋭で武闘派の尾谷組と大組織の仁正会の抗争が激しくなっていく。
どちらの暴力団とも顔が効く大上は暴力団の抗争を阻止しようと動く。

日岡は次第に大上を信頼するようになる。
しかし、暴力団の抗争は激しくなり大上と日岡にも危険が及ぶ。

暴力団の抗争、警察内部でのしがらみの中で日岡は正義とは何かを模索する。
—————————————————————————–

Hさんが言っていた松坂桃李は新米刑事・日岡役を演じ、
ベテラン刑事・大上を役所広司が演じるとのことです!

 

この日曜日に本屋に立ち寄ったところ数冊置いてあったのでついつい買ってみました(笑)
それで読み始めましたがまだ20ページ程度しか読めておりません・・・(^^ヾ
(総ページ数が400ページほどあって分厚いです・・・)
これから少しずつ読んでいきたいと思っております。
完読しましたらまたこの場でご紹介したいと思います!

 

明日以降も雨が降るとのことですが、
体調及び交通安全に気をつけて行きましょう。

それでは今日も一日おつかれさまでした!